スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の地球は、暑いみたいですなぁ 

今日は2010年7月29日(木)、
間もなく24時になるところでございます。



今日は久々、写真だけ。



昨日7月28日(水)朝9時ころ、東京都文京区にて

南の空
DSC04675s-640真夏の谷の前日

南東の空
DSC04676s-640真夏の谷の前日

東の空
DSC04677s-640真夏の谷の前日

しっかり(上層の)巻雲などが現れていました。



覚えていますか?
(上層の)巻雲などの雲は、
西などに低気圧が発生して、その(西から東への移動が速い)上層の雲が先に日本に到達、翌日あたりの降雨の可能性を知らせてくれているのだということを。



そして、(上記の翌日である)今日29日(木)、
ものの見事に寒冷前線に似た強雨の線が!



21時、レーダーナウキャスト(気象庁のホームページより)
201007292100-00レーダーナウキャスト

赤外画像(気象庁のホームページより)
201007292100-00赤外

地上の天気図(気象庁のホームページより)
10072921.png

この21時の時点での日本の北の地方の強雨は、
上記天気図の寒冷前線の影響もあり。

ただ今日一日の強雨は、
寒冷前線に似た形(北東から南西に向けての一本の線)でしたが、
気象庁は天気図に寒冷前線としては解析していませんでした。



気圧の谷

日本のはるか東に強烈な北太平洋高気圧。
それに対して日本の北西に大陸性の高気圧。

これに挟まれた位置の、日本。

高気圧と高気圧の間、谷の位置。

地上では、両側から空気が押し寄せ、行き場をなくした空気が上に上がって行く。
で、気温が下がり、一気に雲になり(気体の水が、液体の水に)、更に重くなって雨になり、地上に落下。





これだけ強烈な北太平洋高気圧に対抗する、アジアの高気圧。

北まで暑い!!!
という証拠だと考えます。



それではっ

スポンサーサイト

大きな枠 

書いている今日は、今は、
2010年7月27日(火)、23時前後でございます。



昨日書いたこととか、

今まで書いたこととか、

これから書いていくこととか。



全て、

地球でしか生きていけない我々にとっての

「大きな枠」

として、絶対に揺るがぬ根幹として年少時代から脳みそに叩き込んでおくこと。

そうすれば、

現時点での人間社会とは全く異なる、

個々がそれぞれに湧き上がってくる別個の欲求を追求していって、

進み続けていって、

ある日バタっと死ぬ。

そういう、

最高の、

地球のあたりまえの、地球でのヒト達に。



この感覚に「気がついて」から、

何度も何度も反芻してみても、

揺るがない、

俺。



天国ですよ、天国。

極楽浄土を、実際に生きているうちに味わっている、地球の60億人全員。

(ただ、60億人は多すぎると僕は算定しています。
来る寒冷化した時期に食糧生産などが間に合わないと思う)

しかも、

だらだら幸せだ~って言っているだけの天国や極楽浄土なんて、甘っちょろいもんじゃあない。

真に満足、自分の中から湧き上がる欲求を追求する、ヒトだけに与えられた贅沢!





毎度、無関係な写真を
6年ぐらい前に撮影した、東京都奥多摩町の「百尋の滝(ひゃくひろの滝)」
(カメラは当時のオリンパスのデジカメC-3040ZOOM(壊れてしまいました・・・))
川乗岳、百尋の滝、木、林道工事0033.01s-640
やっぱり百尋の滝は素晴らしい・・・







いやぁですねぇ、

俺の感覚にまではお気づきになられてはいらっしゃらないでしょうが、

「大きな枠」

からの脳みその使い方の面白さ、価値、

に気が付かれている人、

本当に数は少ないのですが、

実際、いらっしゃいます!





僕は、今、東京に住んでいるので、

巨大な本屋をハシゴして、

様々な本を探して回ることができます。

本当に恵まれている、今、です。



それでも、

なかなか、

僕がその都度求める「感覚」に適合する本(作者)に、ほとんど出会うことができません。



何度も何度も色々な本屋に行って、

吟味に吟味を重ね、

3冊買ううちの2冊は、妥協して買っています。

今、俺が求める感覚に適する本は、今現時点での人間社会には存在しない、と諦めて。



でも、

3冊買ううちの1冊は、

「おおお~~~」

っと飛びつくが如く、ほぼ即決で買うことができます。

そう、

「大きな枠」

からの脳みその使い方をしながら、

ある目的に対して考察している、

そういう奴(敢えて、愛情を込めて、奴、と表現しちゃいます!)が、

今現時点での人間社会の時点に、存在しているのです!!!



大概、

「本の題名」

だけで、ピンときます!



まえがきを少し読み、

目次を開いて全体像のまとめ方を見て、

「うん、やっぱり。こういう題名をつける奴だけに、期待できそうだ!」

と。



こういう本、作者。

ほとんど外れがないです。

題名に、魂が込められているわけですよ。

ご自身の中から湧き上がってきた欲求を、なんとかして他の人に伝えたい!!!

という、欲求!




無関係な一枚
2010年4月29日の祝日に撮影、近所の文京区の筑波大学なんちゃらの構内の教育の森?にて
DSC02526.jpg
なんとなくお気に入りの瞬間






そういう作者、

ほとんどの人が

「何かの専門分野、をある程度やっている人」

なのです。

(ある程度、って言っちゃって、失礼っ)




気象学
地質学
宇宙科学
人類学
・・・



うん、

俺がモヤモヤ~っと考えた感覚、

合っているのかもしれないねぇ、うん









とにかく、安心したい

俺が死ぬ時に、俺の子供や孫やその子供などが自分自身の欲求と向き合って生きていく喜びを知っている状態にしたく、
地球の気候などなどの環境の状態に対しての不安がない精神的な状態(=安心な精神状態)にしておきたく。



そういう意味では、
無茶苦茶な現時点での地球温暖化などに対する警告などが、
岩渕猛という一人のヒトを目覚めさせたわけだから、
どんな理由にせよ騒いだ人たちの功績も大きいと思いますわ。





今俺は、

地球が温暖化しているのは事実であり、

でも人的な要因はほとんどないであろうという方向で考察していて、

じゃあ今なんで温暖化しているのかや、

これは過去と現在(たまたまの現時点)と未来を考えた時に、今現時点での地球の気候はどういう状況なのかということや、

この気候変動の要因は何なのかということや、

様々。



これに着目して考察しています。

今のおれは。



まだまだ分からないことだらけですよ、

現時点での人間社会は。



さぁ俺は、

どの段階で、

何を語っていくのか。



気象の専門家としての立場で。





楽しみですわ。







なんだか話があっちゃこっちゃ行き始め、

例によって長く書いてしまいました。



この辺でオシマイにっ



長々お付き合いいただき、

ありがとうございました~~~

生きる = 食べる = 殺す (地球のあたりまえ) 

これを書いている今は、
2010年7月26日(月)22時前後です。

いつも23時59分に書いていた僕、
気が乗った時にこうやって書いていければ、と思うとります。





毎度無関係な写真を

今日7月26日(月)14時ころに撮影しました。

分かります?
人の背丈ぐらいはある壁です
DSC04463s-640.jpg
この壁の、一番上

これです
DSC04470s-640.jpg
セミの抜け殻

下はアスファルト、

どこの土の中に何年もいて、
わざわざそこからここまで横に移動してきて、
ここまで登ってきたのだろう?

場所は東京都足立区、舎人公園(とねり公園)の300メートルぐらい北の場所です。











ある方がブログで、
「いただきます」
という内容を。

たまたまですが、
上記のように成虫になったばかりのセミが鳥に食べられている状況からお書きになっていました。
(このセミが生きているのか食べられたのかは、もちろん分かりませんっ)



食べる。
いただきます。

これって、命をいただく、という事実。



生きる(生きている) = 食べる(食べ続けてきた) = 殺す(殺し続けてきた)

地球のあたりまえ





僕は、この事実(と思われること)に、ほんの数年前に気がつきました。

(僕が絶対的に信頼している多くのことは、
考えて作り上げたのではなく、
考え続けていたら「気がついた」ことばかりです。

何かの思想ではなく、
事実(だとしか思うことができないこと))





無関係に、今日の東京の雲
14時すぎ、足立区の舎人公園の横にて撮影。
「日暮里舎人ライナー」の線路?が見えています。
DSC04476s-640.jpg
これは(中層の)高積雲、に分類するのかなぁ?






しかも、
数万年前?からのヒトは、

食べる(=殺す)目的で、
交尾をさせているのです。

動物にしても、
植物にしても。

交尾をさせて、
その子供を殺して、食べる。

子供が殺されて、食べられるのです。

動物にしても。
植物にしても。





これって必要なことで。

地球に生まれて、
生き続けていくには絶対に避けては通れない手段で。

(交尾までさせて、というのは・・・
と、俺は思う。
でも、これは、いいのではないか、とも思う。

この点には、結論が出せない、と思う。

5世代以上後の、真に面白き状況の人たちですら)





とにかく、
生きている = 殺し続けてきた証

何も恥じることは、ない!



地球のあたりまえ

素晴らしき、美しき、地球の生命の力!





同じく今日、舎人公園の横にて。

親?
DSC04485.jpg

子?
DSC04486.jpg

左が親? 右が子?
DSC04484s-640.jpg

美しき、地球の生命の仲間たち

もしかして、さっきの抜け殻のセミ、
この親? が子? のために捕まえて殺して与えたのかもしれませんよね。

もちろん生き続けて、セミ同士で交尾をして、
舎人公園の豊富な土の中に子供を宿したかもしれませんし。

どちらも、生。
生のための、その糧としての死。






せめて目の前の
(結果的にかもしれないが、事実、
自分が交尾させて、自分が殺した)
食べ物たちは、

彼らの命は、

すべて、
残さず、

いただきましょうよ。





昔から、
残したらダメですよ、
とか言われてきましたが、
こんな言われ方では、
説得力、
ないですよ。

上記。

上記。



命をいただきます。

俺、
お前さんの分も、
最高に気持ちがいい人生を送るからよ!



地球のあたりまえ。

地球のあたりまえ。






14時35分、同じく舎人公園のあたりにて
DSC04491s-640.jpg
(中層の)高積雲、などなど
雨が近づく東京の空







僕が何度も強調している、

僕自身、
特段、
気象に興味があるわけではない、
ということ。



その様々なる感覚を、
どんどん書いていこうと思っています。



ただ、
多少は専門的なことがわかる分野がないと、
説得力に欠ける。

伝えていく一つの有力なる手段として、
何かの分野を追求していった方がいいと思う(思った)。



だから、の、気象の分野。



地球のあたりまえ、
の、
代表選手として。

(気が乗ったら、
ブログの横のサイドバーの
「プロフィール」
もご覧くださいねっ。

ねっ、
「代表選手」
って書き方をしているでしょ)





15時19分、荒川区の西日暮里の駅の前にて
DSC04492s-640.jpg
DSC04493s-640.jpg
素晴らしき(下層から上層までの)積雲
(何度も書きますが、この雲だけは一般的に10種雲系以外の「雄大積雲」ということが多いです)






最後に一枚

「アリ」が、この抜け殻をくまなく調査していました。
背中の割れ目から、中にまで入って、時間をかけて入念に調査をしていました。
恐らく食べ物のにおいがするのでしょう。
DSC04466s-640.jpg
アリも生きています。
生きている = 殺し続けてきた。

僕らヒトと全く同じです。





っと本日も長々お付き合いいただきまして、ありがとうございました!

どう、書いていこうか 

今は2010年7月24日(土)夜の23時すぎ、
丸二日以上ブログを書いておらず、の久々ブログを書き始めたところです。



書きたいこと
伝えたいこと

たくさんたくさんあります。



その全ては、
根本は同じこと。

最高に気持ち良く、
全地球人、
生きていこうぜよ



これへの道標(みちしるべ)






どう、書いていこうか







いろいろな形で書いていこうかと感じています。
(不思議な表現だが、思っているというより感じている、という感覚です)







無関係な写真、今日の16時57分、(東京)大塚の駅前にて
DSC04420s-640.jpg
(下層から上層まで達した)積雲
(10種雲系以外の言い方の「雄大積雲」と呼ぶことが多いです)










なんだか書くのの踏ん切りがつかないです。



書きたい

伝えたい




さぁどうするか








きっとある日、へんてこな書き方をして、
それをきっかけにドンドン好き勝手書き続けて

きっと
そんな流れを



うん

怖がらずに、
自分が信じるままに



たまたま気がついたこれらのこと、

何度振り返って考えたり、
足りない部分を埋めるために本を読んだり考えたりし直し続けても、

全くこの内容の根本への信頼が薄れないのだから







昨日7月23日(金)19時04分、東村山市の久米川駅の前にて
DSC04404s-640.jpg
夕日に彩られた(上層の)巻層雲に覆われた、月

この頃(15時と18時)の(地上)天気図を2枚掲載します。(気象庁のホームページより)

まず15時(昨日23(金)ですよ)
10072315.png
北海道の北と、本州の東海上に、低気圧(低圧部)

こちらは18時(こちらも昨日23(金)のです)
10072318.png
15時の時点での東の低圧部の標示は消えるも、影響は残っていると思われる状態

これらの影響による、(上層の)巻層雲だと思います
(ここ二日ほど、暑い中にもボヤ~っと雲が見えていたのは、
上記15時まで記載していた東の海上の低圧部の影響が大きかったと思います)

低圧部(低気圧)は、
地上の掃除機みたいな存在。

地上で周りから空気を吸い取り、
吸い上げる(=上昇気流)。

ここをクリック!!! 「(地上の)低気圧に空気が収束する流れなどについて」










まぁ、こんな書き方も、ひとつ。



ただ、
僕が書きたいことは、

人。



人の、
個々の人が。



個々が、
自分自身の深層心理と何度も何度も対話して、
一切の嘘なく、自分自身の深層心理と対話し続けて、
そして、好き勝手やりたいことを、やる。

その時に、
変な理由で、
その自由を奪われたくない。



そのために、
60億人全員が納得の仕組みを。



それは、
地球のあたりまえ、に沿った、仕組み。

詳細まで無理やり決めるのではなく、
人の意思が介在できない「絶対的な部分」には従う、
という仕組み。

それに合わせた、仕組み。



あとは、自由。

自由。





自分が心の底から気持ちがいいように。

こう、自分自身と対話し続けている60億人全員なら、

他人などから批判されるような行動は、とりたくない、と強く意識するはず。







完全なる、自由

完全なる、自分だけの、面白き欲求を追求し続ける、地球の人

これから先、書いていきまっせ~ 

本日は2010年7月22日(木)、
時刻はまだ真っ暗な、明け方ですっ



だ~いぶすっきりホイホイしてきたワタクシ猛さん、

一か月ほど前から何度も宣言(7月末ぐらいからガンガン書いていく予定っ、っと)してきた通り、



そろそろ好き勝手、
本当に書きたい(=伝えたい)ことを、
好き勝手な調子で書いていきますかなっ



日によって 書きたいことを 変えてきます
人のことなり 自然科学なり
(五 七 五っ)







文章とは無関係に、写真を一枚っ

昨夜の(上層の)巻層雲(降雨の心配なし)
DSC04350s-640真夏の巻層雲(降雨の心配なし)
強烈に強い北太平洋高気圧が日本を覆っているから、
その影響で水分が多く(だから巻層雲が出ている)、
その影響で降雨を寄せ付けないっ











過去にも何度か書いたのですが、

僕は別段、気象に興味があるわけではありません


むしろ興味がない方だと思います





じゃあなぜ気象???

って言いますと



一歩一歩、脳みその中で考え続けていったら、

(唯一の脳みそ生命体である)
「ヒトだけに与えられた最高の贅沢」
を実現するためには、
「地球のあたりまえ」
を地球人の全員が理解して、それに沿った仕組みを作って運用していくことが必須で、その代表選手としての気象、と。

個々、過去にも現在にも未来にもない、個々が求める最高に贅沢な人生を!!!






今年2010年4月17日(土)に撮影した、代々木公園の花
DSC01361s-640花
東京で 四月の朝に 雪が落ち
止んで快晴 しずくと共に
(センスないねぇ、無理やり 五 七 五)







って今日は眠いし、こんな中途半端で終わりにしようかと・・・



こうやって 書きたいことと 写真とな
こんなリズムで 書いたりするかな?




ブログ名も 変える予定よ ワクワクと
ビタっとハマらず 熟考中~






今の日本、強烈に暑いじゃあないですか
それを示す、(地上と上空との中間点である)500ヘクトパスカルの高層天気図っ(北海道放送のホームページより)
昨日2010年7月21日(水)朝9時
AUPQ35_072109.jpg
この図、小さすぎて見えないと思います、ごめんなさい・・・

上の図は、300ヘクトパスカル
下の図は、500ヘクトパスカル

特にこの下の500ヘクトパスカル(上空10kmとのほぼ中間、上空約5kmの図)なのですが、
日本の本州の真上に示されている一本の丸、
ここに「H」と記載してあります。

「High」の略、「高気圧」です。

この本州の真上の一本の丸なのですが、
高さが「5940メートル」
であることを示している、一本の丸でございます。
(高層天気図は、同じ気圧(これだと500ヘクトパスカル)だけを示している天気図であり、
一本一本の線は「高さの違い」を表しています。
イメージ湧かなくて当然っ
そういうもんなんだなぁ、って程度で十分ですっ)

僕らが生まれてから今までの間、
日本の夏の北太平洋高気圧の強さを示す目安として
(この500ヘクトパスカル上で)
「5880メートル」
で覆われるかどうか、
がひとつの目安でした。
「5880メートル」で覆われたら、相当に強烈な印っ

今は、
なんとっ、
それよりも更に60メートル高い
「5940メートル」
という、強烈な高気圧で覆われているのです!!!

暑くて、
(他の低気圧などを寄せ付けない)頑強な奴なのです!!!

夏っぽくて、エエじゃないかっ






先週末7月16日(金)15時21分、板橋区で撮影???
DSC04121s-640雄大積雲
見事な(下層から上層まで発達した)積雲
(通常は10種雲系以外の言い方で「雄大積雲」と言います)





それではまた!!!

地球(固体)の力 「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」 

今日は2010年7月19日(月・祝)でございます。



一昨日の昼に書いたブログの通り、
岩手県奥州市(水沢区)の実家に帰ってきました。
17(土)夕方~今日19日まで




一昨年2008年の6月14日、
ほぼ二年前に、

岩手県の県南および宮城県の県北で、
大地震がありました。

「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」
と、気象庁では名付けたようです。

(気象庁のホームページより)
iwate-miyagi-epi.png


僕の実家は奥州市の北側、水沢区(旧 水沢市)で、
湯呑みが2・3個割れた程度の被害だったようで、

水沢の街(町かな?)での被害自体もほとんどなかったのですが、

同じ奥州市の南西側では、
甚大な被害が出ました。

もっと南の、
一関市(いちのせき市)、
宮城県の県北の町なども、同様に。



その一関市から、
西隣の秋田県に抜ける山道があるのですが、

地面(道路)が割れ、
橋が崩れ、
と、
通行止めに。

ようやく、
ようやく、

二年という月日を費やしてようやく、

この6月に秋田へ抜ける山道が開通したそうです。



そこを車で行って来ました。



写真は全て、
昨日2010年7月18日(日)に撮影。

地震で崩れた、山の斜面(木がなくなっている部分)
DSC04165s-640.jpg
この写真のように、
二年が経過した今でも、
ほぼそのままの状態みたいです、山などは。

道路、
橋、
道路に面した斜面などの補強などの工事を、

なんとかこの二年でやり遂げて、開通。

こういう状態なのだと思います。





ここで一旦、公開します(23時59分なので)

日をまたいで、再度更新しますねっ







ここから再更新っ



DSC04168s-640.jpg

DSC04169s-640.jpg
生命(植物)はたくましいよね。
こんな崩れた間から、生えてきていますよ。

DSC04170s-640.jpg
道路わき。
この工事は大変だったんだろうなぁ・・・

っていうか、
どうやってこんなウネウネした状態のを作ったんだ???



地震で折れた、橋
DSC04176s-640岩手地震
ありえないよ、この力強さ

DSC04179s-640岩手地震
DSC04172s-640岩手地震

この折れた橋、
「このままずっと残していく」
ことに決めたそうです!

すごくいいことだと思います。





ちなみに僕が撮影している足場は、二年をかけて作った、仮の橋。

真の新しい橋はまだまだ時間をかけて作るそうで、
今まだこんな状態でした。
DSC04185s-640岩手地震



新しく作っている橋のすぐ横の崩れたままの場所、
滝みたいなのが出来ていました
DSC04188s-640岩手地震







ここから先は、動いている車の中から撮影した写真でございますっ

この一帯は、
「広葉樹(たぶんブナが中心)」
を残したままの山でした。
DSC04189s-640岩手地震

周囲の山は、
ほとんどが
(日本全国の状態と同じように)
第二次世界大戦が終わった後から
「(広葉樹を切って)スギなどの針葉樹に植え替えた」
山ばかりなのですが、

この一帯だけは、広葉樹のまま。

どうやら傾斜が急で、
木の運び出しなどがキツイ地形のため、
国や県などが植え替えの対象にしなかったためみたいです。



僕自身、
意識して「広葉樹ばかりの山」を間近で見たのは初めてだと思います。

やっぱり生き生きしていました、
広葉樹の山は!!!





DSC04190s-640岩手地震

DSC04203s-640岩手地震
逆光で失敗写真ですが、
結構生々しくは撮れたので、掲載っ

DSC04212s-640岩手地震
あっちこっち崩れ落ちた跡が

DSC04219s-640岩手地震
DSC04220s-640岩手地震
DSC04225s-640岩手地震

っと地震の跡の写真は、これで終了です。








ここから何枚か、
岩手で撮影した雲などの写真を。
(7月17日、18日に撮影)



これだけは東京で撮影(17日(土)午前中)
DSC04142s-640高積雲?と陽光
(中層の)高積雲?と陽光



実家のすぐそばにて
DSC04149s-640岩手・鳥
バチッとピントを合わせられないねぇ・・・



DSC04157s-640岩手、層積雲?
(下層から中層にかけての)層積雲、乱層雲
この前後、雨が降ったり止んだりでした。
強烈なる積乱雲からの降雨もあったのです、この17日(土)の夕方から夜にかけての岩手は





ここから18日(日)
DSC04163s-640岩手・風船
飛んでった風船


DSC04164s-640岩手・巻積雲
(上層の)巻積雲と、太陽
韓国の北あたりに低気圧がありました、このころ。
そこからの(上層の方が速いから)上層の雲でしょう、きっと。

翌日、北海道は、その低気圧の影響で雨が降りました。
東北地方は雲が広がるだけで、降雨はありませんでした。



DSC04198s-640岩手・積雲?
これは(上層の)巻雲、巻積雲と、
(下層の)積雲?
に分類するのかなぁ???

山の上(って言っても1000メートルあるかないかの山ですが)だから、
下層の雲が、近い!!!


トンボが写ってた!!!
DSC04200s-640岩手・上層と下層とトンボ


本当に近くにある、雲!!!
DSC04210s-640岩手・間近の積雲
(下層の)積雲っ
まっ、(10種雲系ではない分類だけどよく使う)雄大積雲、でしょうなぁ


生き生き広葉樹
DSC04224s-640岩手・ブナ?


DSC04226s-640岩手・山の上
うわ~
この(上層の)巻雲系の雲の流れ、
どういう状態なのだろう???


かわいい怪獣が、口から炎か何かを吐き出している?(左上が顔っ)
DSC04230s-640岩手・山の上
(中層の)高積雲、に分類するのかなぁ?


DSC04234s-640岩手・山の上
(中層の)高積雲、に分類?
地上から見るよりも、近く見えました


DSC04244s-640岩手・山の上
(下層の)層積雲たち
すぐ近くの栗駒山に登ったら、
これらの下層雲を上から見ることができたのかもっ



DSC04247s-640岩手・山の上
(中層の)高積雲、に分類するはずっ
やっぱり山の上からだと、近いです!


DSC04249s-640岩手・山の上
たくさんの鳥と、(下層の)雄大積雲


DSC04254s-640岩手・山の上

DSC04250s-640岩手・山の上




水沢に戻ってから撮影っ

DSC04277s-640岩手


DSC04279s-640岩手


DSC04282s-640岩手


DSC04293s-640岩手


DSC04296s-640岩手


DSC04304s-640岩手




っということで、
ながなが失礼いたしましたっ





地球の固体の力(地震)を感じることができた、
貴重な帰省でした~

写真、2枚だけっ 

今日は2010年7月17日(土)、昼の14時すぎです。



今から実家(岩手県)に行ってきます。
月曜日が休みですからね。

ですので、少なくとも明日はブログ休みっ



今日のも、写真、2枚だけっ

DSC03608s-640.jpg



DSC03671s-640.jpg



それではっ

日の出直前と、日の出と 

本日は2010年7月15日(木)でございます。



一昨日、昨日、と、
二日間も更新しないでしまいました~

今日も、写真だけっ、
おさぼりブログにしちゃいますっ



ただ、写真は素晴らしいと思いますよっ



まずは一枚
今日7月15日(木)朝5時04分、文京区にて
DSC03876s-640日の出
日の出!!!
(中層の高積雲が中心、だと思います)




数日前のブログと同じく、
「暖域(だんいき)」の雲たちです。
(ただし、12(月)はまがりなりにも普通の低気圧の形をしていた(前面に温暖前線、後面に寒冷前線)が、
この15(木)は低気圧の前面、後面とも停滞前線の形なので、不明瞭)



7月15日(木)朝6時、地上天気図(気象庁のホームページより)
10071506.png


14(水)、15(木)の二日間が、
暖域の状態でした
(僕がいる東京は)




この日が昇る前の赤や黄色は、強烈です!

同じく7月15日(木)朝4時11分(上記の約1時間前)、南の空
DSC03722s-640日の出前
(上層の巻雲などが中心)
日の出の一時間前、すでにこんなに明るくなってきて、
独特の赤さが出始めています。

これを見て、
寝るのを諦め(笑)、
近くの高台に飛び出していった僕なのでありました~



同じく4時11分
DSC03725s-640日の出前
おまかせオート撮影、という最も一般的な撮影モードで撮ったのですが、
カメラも色合い、迷ってます!!!



4時19分
DSC03739s-640日の出前
美しい・・・



4時20分、すぐ上の写真とほぼ同じ絵柄なのですが・・・
DSC03744s-640日の出前
なんじゃこりゃ~~~
(たぶん撮影モードを変えたのだと思う)



4時20分、西の空(=日の出とは逆の方向)
DSC03745s-640日の出前
文京区と、大塚と、池袋の街全体が、
日の出の直前の陽光に照らされている・・・



4時24分
DSC03747s-640日の出前
ほんの数分で、今度は黄色に・・・
実際の見た目もこんな色だったと思いますよっ



4時25分
DSC03753s-640日の出前
どの写真も素晴らしくて、
どれを載せるか、迷うよ~~~



4時28分
DSC03769s-640日の出前



4時31分、西~北~東、ほぼ180度っ
スウィングパノラマ機能、で撮影
(斜めに撮っちゃって、ちょい失敗写真ですがっ)
DSC03785s-640日の出前
雲、
色の違い・・・



4時34分
DSC03795s-640日の出前
このちっこく赤い(下層の)積雲、
結構存在感がありました




4時53分、北西の空
DSC03842s-640日の出
さぁさぁ、間もなく日の出だぞっ



4時59分、南東の空
DSC03855s-640日の出直前
なんとも形容しがたい色合い



5時01分
DSC03863s-640日の出
出てきたっ



5時02分
DSC03865s-640日の出
うわっ



5時04分
DSC03877s-640日の出
まぶしくて、
何枚も適当撮りっ
一番上手く撮れていた写真ですっ



5時10分、北西の空
DSC03898s-640日の出
日の出に夢中になっていたら、
いつの間にか、
こんなに雲がっ



この一時間後の朝6時のアメダス(地上の観測結果)、降水量(気象庁のホームページより)
201007150600-00雨
東京はのんびりしていたけど、
栃木や群馬などは、この通り、雨っ



5時10分、西~北~東
DSC03899s-640日の出
さっきのスウィングパノラマの約40分後、
北西の低く黒い雲(恐らく雨を降らせている乱層雲)の存在感が違います。
それと(中層の)高積雲の厚い塊も。



5時12分、南東の空
DSC03905s-640日の出
なんだかこの色、捨てがたいっ





最後にもう一枚
4時27分
DSC03761s-640日の出前



それではまたっ!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。