スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただただ、美しき雲たち 

今日、2010年6月30日(水)の、東京の雲たち

DSC01563.jpg

DSC01569.jpg

DSC01622.jpg

DSC01669s-640.jpg

DSC01674s-640.jpg

DSC01714.jpg

DSC01721.jpg

DSC01732.jpg

DSC01733.jpg

DSC01734.jpg

DSC01739.jpg
DSC01743.jpg

DSC01752.jpg

DSC01760.jpg

DSC01764.jpg

DSC01768.jpg

DSC01773.jpg

DSC01816.jpg

スポンサーサイト

僕の予想と違った雲たち(停滞前線の位置の差) 

今日は2010年6月29日(火)でございます。

またまた昨日(月)も更新しないでしまった、その翌日でございます~





一昨日のブログの最後に僕は、
28日(月)、29日(火)も、
(東京は)面白い雲が見られる(撮影ができる)可能性が高いと思いますよ、
と書きました。

でも、
そういう面白い雲は、
出てくれませんでした・・・

期待した人がいらっしゃったら、
すみません・・・



28日(月)、朝9時13分、文京区にて
DSC01386.jpg
これは(下層の)層積雲、だろうな、きっと

DSC01388.jpg
この3羽のハト、
放射状に見事に分かれて歩いて行っていました。
右から松井、本田、大久保???

14時10分
DSC01391.jpg

16時24分
DSC01408.jpg

この6月28日(月)の(地上)天気図はといいますと(北海道放送のホームページより)
朝3時
SPAS_062803.jpg

これが六時間後の朝9時には、
この通り変化していたようです
SPAS_062809.jpg
この、東北地方の南のあたり(の地上)に前線(=南と北との境界線)がないと、
「暖域」
という状態にはならないので、
27日(日)のような見事な雲が見られなかったのだと思います。









29日(火)朝9時57分、中野坂上にて
DSC01463.jpg
(下層から中層の)乱層雲(=雨雲)
朝は雨が降った、東京

同じく29日(火)の東京のアメダスのデータ(地上の観測結果)
(気象庁のホームページより)
DSC01498.jpg
この通り、朝、ちょっと降っていました。

DSC01466.jpg
僕が見ていた5分以上はずっとじっとしていました、
なんの鳥だろう?
結構存在感がありました。

13時23分
DSC01469.jpg
(下層の)層雲? 積雲? 層積雲? 乱層雲?(雨は降っていませんでした)

13時35分
DSC01470.jpg

22時12分
DSC01492.jpg
この雲は、南側
このころ北や西では「積乱雲」が発生、
少しの場所の差で土砂降りの場所もあったみたいです

レーダーナウキャスト(レーダーが障害物に当たって反射したのを「降水」と認識して降水量を測定する)
10分ごとのデータをすぐに得られる優れもの
(気象庁のホームページより)
21時(関東)
201006292100-00レーダーナウキャスト(関東)

同じ21時、全国
201006292100-00レーダーナウキャスト

18時の地上天気図
SPAS_062918.jpg




梅雨時の日本の特徴として、
「西日本には前線が、東日本では前線が切れている」
状況になりやすい傾向があります。

なので、
西日本には「前線が居座って、強い長雨」
が降りやすいのです。

今年は(今年も)この傾向が強いみたいですね。



強い雨が続く地域の方々、
お気をつけて・・・



雲は、こんな状態です。
気象衛星ひまわり、赤外画像(最も一般的な画像)
(気象庁のホームページより)
21時
201006292100-00赤外全球
梅雨前線の雲の帯、
だいぶ北に移動していますよねっ
(以前に掲載した時と比較して)

停滞前線(=梅雨前線)の位置、
雲の帯の位置。

夏も近づくなんとやら、ですよ



それでは!

雲の写真館(暖域、低気圧の中心が約500km北西にある状態での) 

本日は2010年6月27日(日)でございます。

昨日書きました通り、
当面はブログを書いたとしても雲の写真のみっ(の計画っ)

ご了承あれ~



朝10時03分、文京区にて
DSC01169.jpg
この雲を見てすぐ、
「今、東京は、暖域。低気圧の中心が北にあるはず!」
と確信。
すぐに(地上の)天気図を見て、よっしゃ!
っと。

朝9時の地上天気図(北海道放送のホームページより)
SPAS_062709.jpg
ねっ、(僕がいる東京に対して)題名に書いたような位置にあるでしょ



ごめんなさいっ
また23時59分、一度公開して、
すぐまた更新しますっ





上記の通り、再更新っ

10時09分、スィングパノラマ機能にて撮影
DSC01196s-640.jpg
北西から北東、北を中心に広角撮影
(左側にサンシャイン60が見えています)

10時15分、南の空
DSC01215.jpg
360度、どこを見ても、
笑っちゃうぐらい(下層の)積雲ばかり

10時18分
DSC01228.jpg
ちょっと青空入り



17時07分
DSC01259.jpg
上記から7時間経過、
同じ下層だけど、
(積雲というより)層積雲、って感じかな?



17時08分
DSC01263.jpg

17時34分(直前の写真の約30分後、ほぼ同じ角度)
DSC01273-10000.jpg
下層と中層の雲が晴れ、
(上層の)巻雲などがあるんだなぁ、
と気づかさせてくれた瞬間。

ほぼこのころ、18時の、
気象衛星ひまわりの画像を載せます(気象庁のホームページより)

「水蒸気画像」
(上層の(薄い)雲も、しっかり捉えてくれる画像)
201006271800-00水蒸気

(上記の反対で)
上層の薄い雲などを捉えるのは苦手だけれど、
下層の雲を捉えるのは得意な、
「可視画像」
(人の目で見た状態に近い画像。だから日が沈んだ東側は、暗いのです)
201006271800-00可視

最も一般的な
「赤外画像」
201006271800-00赤外

この3枚は、それほど差がないかもしれませんね・・・
(わざわざ出したオイラが悪い(汗っ))



いずれにせよ、
(上層の)巻雲 = 一日あとに雨かもっ
っと思いだしていただきたいですっ





18時
DSC01286.jpg
北側は雲が厚く
(中層の)高積雲?、高層雲?
(下層の)層積雲?
まっ、どれとも言えると思いますっ

18時01分
DSC01295.jpg
南側は、ちょいと青空
雲との絶妙な調和

18時02分
DSC01298.jpg

18時03分
DSC01306.jpg

18時06分
DSC01327.jpg
なんという不思議な色だろう・・・

18時07分
DSC01334.jpg
北と西の雲が厚かったので夕焼けはほとんど見えない中、
わずかに見せてくれた、赤い色

18時43分
DSC01339.jpg
素晴らしい・・・

18時44分
DSC01347.jpg



明日も明後日も、
前線の位置は似たような場所にあり続けると思います。

今日の僕と同じような雲が、撮れるかもっ





(主に)日本海側の方々は、強い雨にお気をつけて!

朝焼け雲を中心に 

今日は2010年6月26日(土)ですっ



毎日ご覧くださっている方、
「あれっ???」
っと思われて・・・



そうなんです、
ついにやっちゃいましたっ

今年3月から書き始めたこのブログ、
ついに「連続更新を止めてしまいました!!!」



毎日むりくり23時59分に更新間に合わせ、
ここ一週間はそれすら間に合わず、日をまたいで更新し直していましたが、
昨夜は寝・・・



そんな昨日2010年6月25日(金)の朝焼け、4時14分、文京区にて
東の空。
DSC00988.jpg
西から東へ、風が吹き、
それに沿って(上層の)巻雲、巻積雲が広がり、
(流れはまっすぐなはず。遠くの道は細く見えるのと同じ原理でこう見えているのだと思います)

その雲は上下に波打っていて、
上に上がると(気温が下がっているから)雲が出来、
下に下がると(気温が上がっているから)雲が消え、

そこに太陽の光が差し込み、
(まだ斜めからだから波長が長い赤の色しかこちらまで届かず)
空は黒から青に変わりつつあり・・・





まっ、
二週間ほど前に書いたとおり、
「内容重視」

「連続更新にはこだわらない」
と思うようになってきていましたので、

ちょっと気持ちが楽になりましたっ



こんな僕ですが、
これからも、
なんらか期待してご覧いただけていたら嬉しいです。





で、
今、
サッカーのワールドカップに、
かなりの時間を取られてしまっています。

帰宅してブログを書こうとすると、
サッカーの番組をやっていて、
そのまま23時の試合が始まる・・・



っという状況のため、
当面は、

「雲の写真館」

を中心に更新して行こうと思っていますっ



ご理解あれ~~~





で、さっきのと、ここからの写真の朝焼け

実は「日本 対 デンマーク」の試合の、前半と後半の間の時間に撮影しました!!!
(後半の開始にもかかっているっ)

夢中で撮り続けました。

本当に美しかったです。

同じく6月25日(金)朝4時16分、東北東の空
DSC00995.jpg

4時20分、北西の空
DSC01002.jpg
真ん中に見えるは、池袋のサンシャイン60

4時20分、北北西
DSC01003.jpg

4時20分、北
DSC01004.jpg

4時21分、東
DSC01010.jpg

スィングパノラマ機能で広角撮影、4時23分
DSC01016s-640.jpg



4時26分、朝もや?のサンシャイン60
DSC01026.jpg
なんで下層がもやっていたんだろう?

文京区の僕の場所はもやっていませんでした。
強烈なる高い湿度も感じなかったし。

なぜだろう???



4時26分
DSC01029s-640.jpg
ほんの数分で、どんどん変わる、空
色合いも
雲の状態も



4時29分
DSC01044.jpg

4時30分
DSC01047.jpg

4時31分
DSC01053.jpg

4時33分
DSC01064.jpg
赤と青との色の変化
どんどん変わる、空の色

4時37分
DSC01083.jpg
不思議な不思議な、縞模様



っと、サッカーの後半が始まっても、
ドンドン変化する色と形に魅せられ、

試合を見るために部屋に戻ることができませんでした・・・



これも、前半に素晴らしいフリーキック2本を決めて、
試合の内容もよかった、
その安心感のおかげですな





同じく6月25日(金)、11時56分、表参道にて
DSC01091.jpg
様々な高度の雲たち



同じく6月25日(金)、20時14分、大塚の駅前にて
DSC01097.jpg
真ん中に、「月」

その拡大画像
DSC01098.jpg
(上層の)巻層雲、
に覆われているのが分かります
(そろそろ雲の種類が分かってきた???)





今日6月26日(土)朝5時16分、文京区にて
DSC01117.jpg
雲の種類は、何に分類するのだろう???
(中層の)高積雲。 高層雲もあるかな?
(下層の)層積雲が中心なのかな?



17時21分、文京区にて
DSC01124.jpg
東京の、ほんのすぐ西までは雨が降っている状況、
東京は雨がほとんど降らず、の空模様



19時03分、文京区にて
DSC01152.jpg
この下層の雲の塊が増えると、
下層からの雨が降ったりするのですが、
この程度まででした~





5年以上前に撮影(カメラも今は壊れて使えない、オリンパスのC-3040ZOOM)
酒水の滝
2001年11月5日(2)0001.01s-640
しゃすいの滝、と読みます(しゅすい、ではない)。

神奈川県の南西、山北町にあります。
「日本の滝100選」の一つ。

細い分、
余計に水の強さを感じさせる滝です。

酒水の滝、の二段目の滝(下の滝)
2001年11月5日0033.01s-640
見えます?

滝に打たれている人!

滝に打たれることができることでも有名な滝なのです。

この日は前日までの雨の影響で猛烈なる水量、
打たれていた男女は、ほんの数秒打たれることを繰り返していましたが、
長時間打たれることは諦めていました。
(骨折しちゃいますよ、この強さじゃ)

ちなみに今は、滝の周辺を工事していて、
滝のそばまで近づくことができないはずです。





それではまた!!!

今日の雲(寒冷前線が通過した翌日) 

今日は2010年6月24日(木)です。



昨日強調して書いたとおり、
昨日は「梅雨前線の連続した前線の中、普通の低気圧と同じような温暖前線と寒冷前線が発生していた」
状況でして、

その翌日である今日の東京は、
「寒冷前線が通過した翌日 = 乾燥して晴れている」
状態になったのですっ



気温はそれなりに高くても、
水分の量(湿度)が低かったから、
比較的すごしやすい一日だったと思います。



朝8時43分、文京区にて
DSC00836.jpg
ううぅ~たくさんの雲が混じり合って、よく分からん~
素晴らしいっ


またまた23時59分で、
後で再度更新し直します!





0時を回ってから、再度更新中っ

14時42分、神楽坂にて
DSC00839.jpg
やっぱり寒冷前線が通過した翌日って、こうなんだなぁ・・・
っとしみじみ実感しながら撮影した一枚です
(青空ばかりでほとんど雲がないため、ほとんど撮影せず)

写真ではほぼ分からないと思いますが、
上層には「巻層雲」が出ていたと思います。
(明日か明後日に雨が降ってもおかしくはない雲)

単純に寒冷前線が通過しただけという状態ではないんだろうなぁ、
なんてあれこれ考えていた、僕・・・



15時59分、新宿にて
DSC00842.jpg
撮影意欲は失うわけです(笑)



っと思っていたら、夕方

17時48分、錦糸町にて
DSC00843.jpg
おお!
(上層の)巻雲だぁ!

さっきの二枚の通り、
ほぼ快晴続きの東京でしたが、

それでも上層には薄く巻層雲がある = それなりには水分がある

状態でしたので、

この夕方の巻雲を見た時は
「なるほど~」
っと一人勝手に喜んでいました

そして、
ここから、
美しき(上層の)巻雲たちが、たくさん!



18時29分、巣鴨にて
DSC00876.jpg

18時31分、巣鴨にて
DSC00883.jpg
この薄暗くなった状態で、
手前の花を入れながら、すべての色合いを出すのは、
僕には無理でした~

同じく18時31分
DSC00885.jpg
花を強調したら、雲が全く写ってない・・・

18時36分
DSC00907.jpg
撮り方へたくそっ
右になにかのアンテナが入った状態じゃあないか・・・

18時36分
DSC00910.jpg
やや哀愁ただよう感じ?

18時43分
DSC00916.jpg

18時45分
DSC00927.jpg
夕焼け間近の、中間色って感じ

19時04分
DSC00943.jpg

19時05分
DSC00945.jpg

19時17分、これも巣鴨にて(右にJR巣鴨駅)
DSC00949.jpg
なんだかオーロラを見ているみたい・・・

19時17分
DSC00950.jpg

19時17分
DSC00951.jpg

19時17分
DSC00952.jpg

19時45分、巣鴨にて
DSC00960.jpg
さっきまでの巻雲や巻層雲の通り、
月はやや雲隠れ

一般的には、明日か明後日、雨が降ってもおかしくはない。
そんな雲たちの共演でした~





僕の徒然・・・

今日、待望の、
auの新しいスマートフォン「IS02」に機種変更してきました!!!

長年使い続けたauのezweb.ne.jpというアドレス廃止!
自宅でのメールアドレス一本の状況です!

全くと言っていいほど使い方が分かりません!

覚悟はしていましたが、
これは苦労しそうだぞっ



とにかく「天気図などを、手元でサクサク見ることができる!」
夢のような機械が、僕の左のポケットに、いつも!!!



この3月頭に構想を重ね、

右の(後ろの)ポケットには「コンパクトデジカメ(ソニーのHX-5V)」

左の(後ろの)ポケットには「天気図などサクサク見られるケータイ(auのIS02)」



夜の雲にも強い、コンデジ

画面を触るだけだとアレルギーに近い感覚になってしまう僕でも大丈夫な、
キーボード付きで、
薄くて、
サクサクとネットで天気図等が見られる、ケータイ



これで、
3月頭から構想した僕の理想が、
すべて手元に!!!



さぁ、
今までよりも、

更に

ガンガン行ける体制を作りました!!!

梅雨前線、の部分部分の違い(停滞前線だったり、温暖や寒冷前線だったり) 

今日は2010年6月23日(水)です。



題名は、
今日の天気の考察から。

気象のあたりまえ、の考え方のひとつのヒントとして捉えていただきたく。



取り急ぎ今日の東京の空から

10時33分、文京区にて
DSC00529.jpg
(下層の)積雲、層積雲
っていうより、乱層雲、です。
雨が、時に強く降ったりしていた、東京。



そんな東京の、地上の観測結果(アメダス)(気象庁のホームページより)
DSC00822.jpg



連日ごめんなさい。
23時59分ですので、途中のここで一旦公開します。

また数十分後に更新し直しますねっ







ここから先は0時をすぎてから書いています。
(あまりの眠さに仮眠・・・1時をすぎての更新、ごめんなさい・・・)



上記アメダス、
どこに注目します???



僕は、
・風向と風速
・降水量
との相関関係、に注目しましたっ






最初の雲の写真、10時30ころ、
強い強い風に、
雲が流されていました。

アメダス見ると、風速7メートル!

そして、雨が一旦、止んだ・・・

なぜなんだろうなぁ???





そして午後。

風向が北寄りに変わったり、
風速が変わったり。

雨が強く降ったり。

そして、
風向が「北西」
風速が「強まり」
となったら
雨が「止んだ」



そんな今日の東京の(地上)天気図を、
朝の9時から夜の9時(21時)まで掲載します(北海道放送のホームページより)

すべてクリックすると拡大します。

朝9時
SPAS_062309.jpg

12時
SPAS_062312.jpg

15時
SPAS_062315.jpg

18時
SPAS_062318.jpg

21時
SPAS_062321.jpg

(地上の)前線の位置も重要ですが、
「前線の記号が、停滞前線(丸と三角)なのか、
温暖前線(丸)なのか、
寒冷前線(三角)なのか」
これが、今回の東京の場合、
重要だと考えますっ





敢えて詳しくは書かないでおきます。
イメージ湧きます???



ご参考までに、過去のブログを・・・

ここをクリック! (地上)天気図の見かた、前線について



今日の東京、夕方から

雨が止むのも当然なんだなぁ!

と、この寒冷前線が通過したという(地上)天気図から空気の流れを脳みその中で整理して、
納得できたら、
気持ちいいですよ!!!

(だんだんだんだん、進んで行きましょう!)







今日の写真っ

11時03分、文京区にて
DSC00534.jpg
(中層の)高層雲
(下層から中層の)乱層雲
に隠れて、少しだけ顔を出してくれた、
夏至直後の太陽



15時08分、表参道にて
DSC00548.jpg
まだ雲は乱層雲、なんだろうなぁ

アメダスの通り、
傘をさしている人がいない通り、
この少し後から風向が変わって、
寒冷前線が通過した後は強い北西風が吹き、
雨は止んでいきました~



17時02分、表参道にて
DSC00550.jpg

同じく17時02分
DSC00552.jpg
やった!!!
彩雲だ!!!

あっ!!! っと気がついた瞬間にカメラを右ポケットから取り出し、
何も考えずにただただシャッターを切りました!!!

ものの1~2分で、この現象は終わってしまいました。

(中層の)高積雲、かなぁ???



17時14分、表参道にて
DSC00583.jpg
太陽はまだまだこんな感じで雲隠れ
(中層の)高積雲と高層雲、かなぁ???



17時17分、表参道にて
DSC00597.jpg
レースのカーテンみたい・・
(中層の)高積雲、に分類するのかな???
(感覚的には上層の巻雲、と思うのですが、高度が低めの雲だと考え)



17時36分、親を待つ、子供のスズメ(だと思う)、渋谷の薬屋にて
距離が遠く、デジタルズームのため解像度が悪くて残念っ
DSC00644.jpg
鳴き続けていました(だから口が開いている)

薬屋の軒下に巣を作ったのでしょう(親が)

道行く人の多くが、どこで鳴いているんだ? ってな雰囲気できょろきょろするぐらい、
鳴き続けていました。

17時37分
DSC00647.jpg
鳴き疲れて、じっとし始めた

17時38分
DSC00663.jpg
目線を外に、懇願しているのでしょう



18時44分、池袋にて
DSC00682.jpg
(上層の)巻雲、巻積雲、巻層雲
この飛行機、飛行する高度が低いですね



18時46分、池袋にて
DSC00688.jpg
(上層の)巻雲などなど



18時48分、池袋にて
DSC00696.jpg
雲の重なり・・・
雲の種類は、なんでしょうねっ



18時55分、池袋にて
DSC00734.jpg
雨上がり、寒冷前線が通過した直後
なぜこんな様々な雲が出来ては消えるのか

こんなことを考え~考え~



18時56分、池袋にて
DSC00743.jpg
夕焼け雲になりつつある



19時06分、池袋にて
DSC00764.jpg



19時09分、池袋にて
DSC00774.jpg



19時12分、池袋にて
DSC00785.jpg

同じく19時12分
DSC00786.jpg
赤、青、に白まで加わって

19時16分
DSC00797.jpg



19時37分、文京区にて
DSC00806.jpg
この雲の種類、そろそろ分かります?



っと毎度ながなが、
(いつも以上に写真はしつこかった!)

また2時間以上も遅れての更新、
失礼しましたっ



追記:
明日2010年6月24日(木)

ついにauの「IS02」発売!!!

機種変更するので、
2年ちょっと愛用した(すごくお気に入りの)京セラのケータイ電話ともおさらばです!

明日の夜からは、
待望の!
待望の!

いつでもサクサク、
天気図などが見られる状況を作れます!!!

わくわくっ
ワクワク!!!

横長なんだと感じてほしいっ 温暖と停滞の前線は 

本日は2010年6月22日(火)でございます。



夏至の翌日である今日、
太陽は昨日よりも離れていってしまっています。

それでもだんだん暑くなっていく、不思議・・・





今日の雲の写真を、まず一枚

朝10時49分、渋谷区の池尻大橋駅と渋谷駅の中間ぐらいの場所にて
そろそろこの雲、分かります???
DSC00355.jpg
(中層の)高層雲、ですよ~

結局今日、午前中、
東京の都心では雨が降りませんでした
(少なくとも僕がいた、文京区、渋谷区、港区では)

海の方では、降った場所もあったみたいですね。

朝9時、地上の観測データ(アメダス。気象庁のホームページより)
201006220900-00雨



しっかし鹿児島だけ、ひっどい雨みたいですね
これは本当に辛そうだ・・・
18時のアメダス、降水量
201006221800-00雨







でですねぇ、
今日の題名に書いた、
「温暖前線、停滞前線」
について



今の梅雨(=停滞前線)

なんども書きますが、
「前線とは、「地上」での違う空気と違う空気との境界線」
でございます。



で、停滞前線や、温暖前線は、
「(寒気などの塊の上を)暖気が徐々に登っていく現象」
です。
(今のような梅雨時の停滞前線の場合は、気温差よりも湿度の差(北は乾燥、南は湿潤。その地上の境界線として停滞前線、と表記))

その出発地点は、地上。
その場所は、(地上の)前線の記号(線)を引いている場所。

一例として、今日の朝9時の(地上)天気図
(北海道放送のホームページより)
DSC00475.jpg





で。

何度も書きますが。



上空には「せいぜい10km」程度しか、空気は上がって行くことができません。

横には、最大40,000km(地球を一周)、です。



で。
さきほどの天気図を見返していただきたいのですが。

東経と西経

北緯と南緯

の線、を何本も引いています。



これ、
東経と西経の線は、「10度刻み」
北緯と南緯の線も、「10度刻み」
です。



この10度、
距離にして約何kmか、分かりますか?



っというところで23時59分。

またまた今日も、すぐに続編を書きます、ご了承ください・・・







ここからは追記、6月23日(水)0時すぎ、でございますっ

さきほど書いた、「約10度、の距離(km)」

わかります?



ご自身で、計算して、納得していただきたいですっ

なので、今日、ここでは書きませんっ!!!



一周360度~
(最大の円周だと)40,000km~

って答え書いているのといっしょじゃん、俺っ



自力で考える、この充実感っ
自分自身に対する、信頼感っ
自分自身に対する、安心感っ

この気持ちよさを感じていただきたくっ



10度が何kmか
これが重要なのではないですよっ

上空は何kmまででしたっけ?

で、10度だと何kmで

さっきの天気図を見比べて

雲が、雨が、どこまで伸びているのか

今日6月22日(火)朝9時の赤外画像(気象庁のホームページより)
201006220900-00赤外
さぁさぁ、
地上の天気図の停滞前線の位置に対して、
雲はどれぐらいの距離、
どの方向に存在していますか???



一概には言えません。
この朝9時の状態ですと、正直統一感がない状態ですし。

だけど
だけど

感覚を
一般的な理屈を
(今回の場合は、圧倒的に横に長い現象である、という感覚を!!!)



それが分かると、ガンガン脳みそ、進ませることができるようになっていきます

自分自身の脳みそで、
組み立てて考察していくことが!!!








今日の雲の写真を

14時09分、江東区の潮見にて
DSC00380.jpg
朝の高層雲、
雨が結局降らなかった東京。
その後これだけ気持ちよく晴れた、空。
この写真の雲は、(中層の)高積雲。

18時06分、港区の浜松町にて
DSC00392.jpg
(中層の)高積雲、かなぁ
上層の巻雲、もしくは巻積雲、に分類するかもしれません

18時12分、浜松町
DSC00410.jpg
月と
(上層の)巻雲

18時17分、浜松町
DSC00418.jpg
(上層の)巻雲
なんだかエビかなにかの生き物みたいっ

18時26分、浜松町
DSC00444.jpg
新幹線と、
夕焼けと、
(上層の)巻雲と

19時04分、神田にて
DSC00450.jpg
(正午の時点だと)月齢9.7日、の月



5年以上前に撮影した滝の写真を
2001年8月4日(2)0020.01s-640
栃木県那須塩原市(撮影当時は塩原町のままだったと思います)、
「竜化の滝」(りゅうかの滝)

僕が3番目に好き、と公言している、大好きな大好きな滝です。




それでは今日もながながおつきあいいただき、
ありがとうございましたっ

今日は「夏至」!!! さようなら~太陽~ 

今日は2010年6月21日(月)

我ら、北半球に位置する日本では
「夏至」
でございます!!!

今行われているワールドカップの地、
南半球では
「冬至」
ですよ!!!





夏至の瞬間、東京都文京区の自宅で迎えました。
その20時28分に撮影した「月」

倍率1倍
DSC00341.jpg

倍率57倍(ソニーのコンデジHX-5Vの最大倍率(デジタルズーム))
DSC00342.jpg
夏至の間にもう一枚、と焦って、ど真ん中に撮影できなかった(汗っ)
しかもFC2のバグ??? 縦長に標示されちゃってる~~~
「クリックしてご覧ください~普通に見られます!(ただし上述の通り、右に寄っている・・・)」

倍率10倍(光学ズームでの最大倍率)
DSC00343.jpg

(中層の)高層雲、に覆われておりまする~



(中層の)高層雲
この雲、雨が近いかもっ、っと知らせてくれている雲でございます~



気象庁の数値予報(=天気予報)を2枚掲載します。
いずれも地上の予想天気図、
ぐるぐる書いている部分は、12時間での予想降水量(mm)です。
(北海道放送のホームページより)

明日6月22日(火)朝9時(UTC00時)の予想地上天気図
DSC00345.jpg

同日22日(火)夜9時(21時)(UTC12時)の予想地上天気図
DSC00346.jpg

見ずらいけど、本州の南側、
雨が予想されています~



上記2つの図は、
コンピュータが数値計算して天気図に出力した天気図です。

僕のブログの横のサイドバー、
「北海道放送」
のホームページが、一番見やすく、たくさんの種類のを掲載してくれていますっ

「ウェザーサービス」のホームページも、
ちょっと違う図ですが、
カラフルでもっともっと見やすいかもっ





今日のすずめ、文京区にて
DSC09997.jpg
な~にを咥えているんだろっ

14時15分、西東京市?ひばりが丘の駅前にて
DSC00083.jpg
(下層の)積雲、でいいのかな?

たぶん、東京などだけだったはず、今日天気が良かったのは



また23時59分、直後に再度更新しますっ






連日すみませんっ

以下は、
日をまたいで6月22日(火)0時すぎに再更新しておりまするっ

14時18分、夏至の日の強烈なる太陽、ひばりが丘にて
DSC00099.jpg




あっ、そうだそうだ!!!

一年のうちで「一番高い位置にある太陽!!!」
残念ながら東京の南中時刻である11時20分あたりでの撮影はしなかったのですが
(不覚・・・その瞬間への意識がなかった・・・)

一番近い時刻でなんとか撮影した一枚!
11時47分、表参道にて
DSC00040.jpg
(中層の)高層雲、高積雲
(下層の)積雲、層雲、層積雲
などが混在している中、わずかに覗いてくれた太陽!!!



この高い位置での太陽、明日から日に日に低くなっていきます!!!

明日からですよ!
日本の夏は、これからなのに!!!



なぜそうなのかと言いますと、

ここをクリック! なぜ「夏至」が一番暑い日ではないのか?

ここなどをご覧くださいね~

「水はなかなか暖まらない、でも一度暖まるとずっと暖かいまま」
だからですよっ
(地球で最大の水、太平洋。太陽の熱でだんだん暖かくなっていく!)







なんの花だろう(練馬区?の小竹向原の駅前にて)
DSC00116.jpg
きれいやなぁ

全体像はこんな花。
はなびらが2種類??? ふしぎな花だ~
DSC00113.jpg

ピンクにピントを合わせた写真
DSC00118.jpg





夏至の日の「夕焼け」、文京区にて

18時56分
DSC00230.jpg
(下層の)積雲、だろうなぁ

19時05分
DSC00259.jpg
(中層の)高積雲、高層雲
(下層の)積雲、層積雲

19時08分
DSC00274.jpg
(中層の)高積雲、高層雲
(下層の)積雲、層積雲
不思議な、魅惑的な、色・・・

19時09分
DSC00276.jpg
(中層の)高積雲、高層雲
見事だ・・・

19時21分
DSC00313s-640.jpg
なんだか、龍がサンシャイン60を食べようとしているみたいに見えませんっ???
この龍は(下層の)積雲、層積雲ですな



っというわけで、
追加の内容なのに、ながながと失礼しましたっ



夏至の日、オシマイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。