スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の一ヶ月、終了(ブログを書き始めた月) 

先日、大切な大切な手帳をなくした、と書きました

僕はずっと、手帳に、ほぼ全ての行動を詳細に記載してきました

後日見返してみると、その時その時の気持ちが蘇ってきて、
頑張っていた自分、
だらしなかった自分、
などがブワ~っと蘇ってくるのです



その手帳を、なくしてしまい、
2008年の年末から、2010年の3月の途中までの記録を失ってしまいました



そんな、この2010年の3月という時



だけど、手帳に記したことって、僕だけの世界

後日、有名になってから公表したい!と一人思ってはいましたが、
それを時間をかけて見てくれる人が果たして何人いることか



そう思えば、
この(なくしたのと同じ)2010年3月から始めた
「日々のブログ」

これって
地球中に、都度発信している!!!

この方が、どれだけ意味のあることか!!!



だからだと思います。

ブログを書き始めた後、
気象の世界に早く行きたい!
という気持ちがより強くなってきました。

だから毎日の様に書いている、
手元でいつでも見られる天気図等(通話ができる小型パソコンってイメージのもの)、
60億人全員に伝えるためのデジタルカメラとデジタルビデオ、
この二つを肌身離さず持ち歩きたい!

この、気持ち



きっと、その延長

僕は東京の巨大な本屋にしょっちゅう行くため、
街の本屋にはほとんど行かないのですが、
今日、なんだか気が向いて、
都立大学(目黒区)の駅前の本屋にふら~っと。

そこで出会った、一冊の本
テレビ局の内定がほしいなら、これは知っておけ(池内正人) 100331_2334~01
うん、そうだよ。
強烈に意識しているんだからさ。
どういう観点からでも、俺の中に興味と情報を仕入れたくなった。



どんどん進む

どんどん進む

大切な大切な、2010年3月という一ヶ月だったのかもしれません

スポンサーサイト

明日は、典型的な「暖気移流」の場 

じゃっじゃ~んっ

題名の
「暖気移流の場」
(=暖気が進入してくる)
を伝えたく、今日の内容ですよ~



「高層天気図」
を掲載するのは、初めてかな?

先日書いた通り、
・気温の差
・水分量の差

を比較することが、気象の観測なり予想なりの目的

上記2項目、違う空気と違う空気とが混じりあうことで、天気の変化が起こります



それを分かりやすく示すための手段の一つが、各種天気図なのです。

(毎度毎度、北海道放送のホームページから拝借っ)
AUPQ78 310000UTC MAR 2010

上は700hpa(ヘクトパスカル)高層天気図
下は850hpa高層天気図
です。

通常、天気図は以下の層に分けて、一枚一枚表記します
・200hpa高層天気図 (地上から約11000メートル(11km)の高さ)
・300hpa高層天気図 (地上から約9000メートル(9km)の高さ)
・500hpa高層天気図 (地上から約5500メートル(5~6km)の高さ)
・700hpa高層天気図 (地上から約3000メートル(3km)の高さ)
・850hpa高層天気図 (地上から約1500メートル(1.5km)の高さ)
・地上天気図       (海抜0メートルの高さ。つまり地上天気図は、あなたがいる場所よりもっと下を示していることが多いんですよ!)

(あんまり種類を掲載すると嫌になるだろうから)
上記掲載したのは、このうちの(地上を除いて)下から2つの層の「高層天気図」です。
(2010年3月31日(水)日本時間で朝9時(世界標準時(イギリスを基点に)だと深夜0時))の天気図)



で、この二つの高層天気図に引いている線は、「2本」しかありません
(地形の線と、緯度や経度の線以外で、2本)

分かります?

・実線は「等高度線」
(同じ高さを結んでいる線。この天気図自体が700hpaなり850hpaなりの「同じ気圧の天気図」だから、高さが違うのです。分かりにくいから、流してくださいっ)
・点線は「等温線」
(同じ気温を結んでいる線)
という、2本のみ



このうちの
点線
「等温線」

僕が最初に書いた
「気温の差」
を分かりやすく表示している図なのです!

で、この図だと(縮小されているから)分かりにくいのですが
(PDFで掲載すれば拡大できるのだが、このブログに掲載できないのです・・・)、

(下の図の)850hpaの図の等温線が、
西日本あたりで急激に北に上がっているのです!


図がちっちゃいから、見ずらいだろうなぁ・・・



もう一つ、
「水分量の差」
を示している図でもあるのです。

どう表現しているか、分かります?

それは、
「黒く塗りつぶしている場所」
です。

真っ白い天気図の中に、
点々点々、と黒くポツポツ塗りつぶしている場所
ここは水分量が多い場所、を示しているのです。

850hpaで、
さっきの西日本で等温線が北に侵入している場所よりも「西側」に黒くポツポツ塗りつぶしている場所が多く広がっているのが分かりますか?

それまで寒気が溜まっていた場所に、暖かくて湿った空気が流れ込んできた。
だから雨が降るのです。


この
「気温の違う、水分量が違う空気が進入してきて雨を降らせる雲」
が、
(地球の自転に伴って)
「西から東へ移動してくる」
というわけです。
(だいたい一日に1,000km程度(=経度で約10度)動いてきます。
地球の中緯度地帯は、西から東へ一周で約30,000km。
これを約30日で一周します。
一日に約1,000km、覚えやすい!)



天気の予想、
っていうけど、
これがそのまま移動してくるんだったら、
そりゃあ予想は簡単だべぇ
(でも、変化しながら、移動速度も変わったりしながらやってくるから、なかなかビタッとは予想できないんですよね。
予想しやすい時と、しにくい時がありますっ)



ってな感じ~~~

これでちょっとでも感覚が伝わって、面白ぇ~~~
って感じてくれたら嬉しいっす





ここからは、今日僕が撮影した写真を

2010年3月31日(水)朝9時(世界標準時0時)
東側の空(文京区にて)
高層雲 100331_0859~01
雲の種類は(大気中層の雲である「高層雲(こうそううん)」

昼13時まえ(世界標準時4時)
南側の空(目黒区にて)
高層雲 100331_1253~01
同じく高層雲

昼13時すぎ(世界標準時4時)
西側の空(目黒区にて)
高層雲と高積雲 100331_1312~01
(中層の)高層雲と高積雲(こうせきうん)

17時30分(世界標準時8時30分)
西側の空(赤い夕日もちょっと)
高層雲が何故か一時晴れた 100331_1738~01
高層雲が薄くなり、高積雲が中心になりました。
西の低気圧はまだまだ中国大陸にあるから、まぁこんな変化を続けて、
(東京では)36時間後(=4月2日(金)午前中)ぐらいから降雨が開始、かな?

22時(世界標準時13時)
東側の空(満月の翌日、月齢15.2日の、雲に隠れなければ見事なはずの月)
高層雲と高積雲(月齢15.2日) 100331_2155~01
昨日のブログに掲載した、快晴の月
低気圧の接近で、こういう状態になってしまいます(もちろん地上からの見え方だけの問題。月自体はな~んにも変わらないっす)



ってなわけで、本日オシマイ

ケータイ買うの、当面見合わせちゃいそうですっ 

右のポケットには、
通話ができる小型パソコン(=ケータイ電話)を、

左のポケットには、
コンパクトなデジタルカメラを。



こうすれば僕がやりたいことができそうだ!

っと気がついたのが先週の木曜日だったかな?



父親が日曜日に来たので、
その時に買ってもらった、コンパクトなデジタルカメラ。
(いつまで経っても、親と子)



対するケータイ電話は、まだだな、きっと。

俺が希望するこれ、っていう物に出会うことができません。

6月にauから出す新機種も、
どうやら希望とは違う物らしいです。

いつまで待つか・・・





デジカメの画像や動画の情報を保存する媒体を、
未だに買っていません。

素人ながら、
デジカメ、パソコン、ケータイなどとの情報のやりとりに最適なものを選定する必要があるはず、
と思ったから。

で、
(メモリースティックという種類ではなく)
SDカードという種類の方がいいのかな?
と考えております。

ケータイ電話に画像などを移動させるには、
ミニSDカードとかという物が必要らしく、
SDカードとミニSDカードって簡単にやりとりができそうに感じたからです。

まっ、週末ですな、買うのは。
それまでは、せっかく買ってもらったデジカメだけど、ただただ大切に保管しておきます。





なくした手帳、もう諦めですわ。

一応今日、池袋の天丼屋に行ったけど、ないってさっ



実は僕、システム手帳が大好きで。

本当に好きなんです。

で、革のバインダーごとなくしたのですが、
もう一つ持っているから、それを復活させて。

システム手帳、なくして復活させた 100330_2338~01


で、中のリフィールを、最低限の分だけ買ったのですが、
「薄い」

薄くて、すごく使いやすいっ

敢えて、このままで使っていこうかな、と思っています。

なくしたからこその発想



ずぶとく行こうと思った

(東京は)快晴! 見事な見事な「満月」 

今日の東京、快晴の中の快晴!

満月(快晴) 100329_2015~01001

昨夜に引き続き、快晴の中での月。
今夜は「満月」でございます。

こんなに見事な空の下での満月!!!



昨日の僕の最初のブログの最後の部分に書いた、今日の天気。
ご自身の場所の天気、予想なさいました?
予想どおりでした?

長々と雲の経緯(写真)を掲載したとおり、
停滞前線の影響での雨から、それが抜けて「冬と同じような高気圧」がやってきた。
これによる、今日の「快晴」なのです。



ただ昨夜と違って、
ほんのちょっとだけ、上層に「巻雲(けんうん)」が見えます。
(この掲載した写真には写っていませんよ~)

大気は、地球の自転の影響で(日本などの中緯度地帯では)西から東へ空気が移動します。
地上と大気上層とでは、大気上層の方が(上に行けば行くほど)西から東への移動速度が速くなります。
(この理屈は、後日ホームページで)

つまり、大気上層の雲である「巻雲(けんうん)、巻積雲(けんせきうん)、巻層雲(けんそううん)」が、一番最初にやってくるのです。
次の低気圧の存在を伝えてくれる、便利な雲なのです!



っと今日はこの辺で~

(毎度ながら、もう1つブログを書きますよ~ 気象以外の内容で)

脳みその整理をしていない、現時点での人間社会の縮図 

ホームページを書き出したら、書きたいこと、書きますわ
(今日の題名)



今日ですねぇ、(昨日書いた)auの展示場みたいな場所に行ってきました、原宿です。

ここでね、ようやく分かってきたんですよ、今俺が欲しいと思っている通話もできる持ち運びパソコンの仕組みが。

まだ分かってないけどさ、難しいことって世の中にはないんだよ、うん。
改めて思った。



何が分かったのかって言うとですねぇ。
スマートフォン、って言っている分野の仕組みについて。

iPhoneって、
Windows MobileとかAndroidとかの競合なんだね。
(この二つの存在自体知らなかったが)

今日、分かった。

ドコモとauとソフトバンクとの関係みたいなもんだ、そうらしい。



持ち運べる電話、これがケータイ電話。
日本では10数年前から、で一気に普及したもの。

持ち運べるパソコン、これがノートパソコン。

で、上記の両方を兼ね備えたものが、スマートフォン(厳格な定義はないと思うが、まぁこんな感覚でいいと思う)。



パソコンなら、ウィンドウズやアップル。
持ち運び電話とパソコンなら、アイフォンやウィンドウズモバイルやアンドロイド。

これらの会社?の仕組みを使って、各ソフト会社などが様々なものを供給していく。

こんな感覚でよさそうに、そう俺は理解した。



で、まだまだ(少なくとも日本では)始まったばかり。

ものすごいことだよね、本当にすばらしいと思う。

だけど、どちらかというとゲームみたいな感覚への興味が強いのかな?
バカバカしい
(っとまぁこれは余談)



こんな現状の中、様々な場所で実機を操作させてもらったけど、
まだ、わざわざ大金をつぎ込んで買い換える段階じゃあないな。

そう、結論づけようと思っています。



6月ぐらいに、auは、アンドロイドの仕組みで、持ち運び電話とパソコンを発売する予定だそうです。
少なくともそれを触ってからにしようと思っています。

ドコモはここ数日で2機種を発売。
ソフトバンクも近々に何かを出すそうです。

このケータイの会社が出すって、
通話の仕組みは、ケータイ電話会社の各社の仕組みで、
ネットの仕組みは、アンドロイドなどの各社の仕組み。

そういう理解でいいのかな?きっと。



こうさぁ、
脳みその整理。

これが最初だよ。
これを最初にする。

あらゆることについて。



完全にドシロウトの俺、
一人で脳みそ整理して、きっと上記の仕組みだろう、と。

気象の分野も、全く同じ。
気象の様々な本を読んでも、気象予報士の試験に向けての様々な本や過去問題などを見ていっても、
根本からの頭の整理をしながらの本、ほんとうにないんだよ。

これをドシロウトの俺が、一人で紐解いていったんだから。
気象予報士の資格を取ることなんて、全然目的じゃあなくね。
地球のあたりまえ、これを理解したく。
頭悪いから、一人でもがき続けてきての今の自信だから。

とにかく、
根本の仕組みから伝えようとしている存在は、ほぼ、ないです。
(ほんの数人、俺と同じくもがいてなんとか、という気持ちが本などから伝わってきた人は存在しています!)



今日の題名に書いた、縮図。

この、最初に伝えたら一気に全員が面白くなるはずの内容を伝えようとしない、現時点での人間社会。

ほぼ誰も、気がついていない。
この不自然さに。

どこか、隠している。
騙そう、ごまかそう。
そんなような気持ちが、どこかに存在している。

こんなに素晴らしい仕組み、新たな発想を形にしていることなのに!

まぁ、いいや。



ここが決定的に不足している、現時点までの人間社会。
45億年、数100万年。

未だに始まっていない、人間社会。

俺は本気でそう思っています。



逆に言えば、
上記を理解する状況にいけば、
現時点でのくだらない問題などは、全て解決する。

そして、もっともっと、個々の発想で。
その深い、面白い、気持ちがいい状態での。
そこでの問題にいきつける。

人類全員が、ガンガン好き勝手やって、でも変な迷惑はかけないんだ。
全員が、歴史上初めての、先にも後にもない、唯一の面白さ。

そして個々、バタッと死ぬんだ。
最高だよ。



あまりにも単純すぎて、上手く伝えることができません。

まずは気象の分野から伝えていこうと思っています。

地球のあたりまえ、の代表選手として。



今日は勢いで書いちゃいました。
まっ、いいだろ。

それではまた~

通過して二日以上経つのに、停滞前線が戻ってきた??? 

今日の地上の天気図を見ると、日本は高気圧に覆われつつあり、低気圧は東の海上にあり、という印象。

だけど、実際、本州の南東(=関東)は、雲が多く、雨も降りました。
これは、数日前に東に抜けて行った停滞前線の影響だと思います。

今日の12時の地上の天気図(北海道放送のホームページから拝借っ)
抜けた数日後に戻ってきた?停滞前線の影響で東京は対流性の雨 SPAS_032912
なんとなく分かります?
高気圧と低気圧、その両方の影響を受けている、関東の南東部という場所。

今日の9時すぎ、北側の空(文京区にて)
停滞前線が一瞬戻ってきた?北側の空 100329_0922~01

10時前、西側の空(表参道にて)
停滞前線が一瞬戻ってきた?西側の空 100329_0957~01

12時ころからかなぁ、雨が降ったり止んだりし始めたのです。
(午前中は降らなかった)

14時ころ、西側の空(表参道にて)
停滞前線が一瞬戻ってきた?西側の空 100329_1401~01
10時よりも、雲が低いねぇ

東京では、17時頃、だいたい雨は上がったかなぁ、って雰囲気。
でも、南の神奈川ではまだ降っていた模様(雨雲レーダーを見る限りでは)

17時ころ、北側の空(八重洲=東京駅の東口にて)
停滞前線が一瞬戻ってきた?で離れ始めた北側の空 100329_1655~01
10時よりも、雲が高い印象

同じく17時ころ、南側の空(八重洲=東京駅の東口にて)
停滞前線が一瞬戻ってきた?で離れ始めた南側の空 100329_1656~01
南側の方にだけ、低くて厚い雲があるのです。
結構な対流雲、土砂降りだったかもよ、神奈川は。

っとまぁ、こんな感じ。



予想ではなく、結果を追跡しているだけですけど、
これ、面白っ

これに「風向や風速」の違い(特に地上と各層の上空との違い)を把握していく作業。
把握して、地球のあたりまえの理屈に照らし合わせて考慮していく。

面白いですぞ。



ホームページを書き始めたら、地球のあたりまえ、書いていきます。

ようやく今日、ホームページ作りの本を、一通り読み終えました。

とりあえず、作れるはず。



下記は、上記17時(八重洲で撮影した2枚)のわずか3時間後、

20時、西側の空、月齢13.2日(ほぼ満月)の月です。
停滞前線が一瞬戻ってきた?で離れた西側の空(月齢13.2) 100329_2015~01
まだ買ったばかりのデジカメではなく、au京セラのケータイで撮影しました。

何を捉えて撮影したかったのかと言いますと、
快晴!
さっきまでとは一変した、快晴!!!(関東の南東部)

これは18時の天気図です(北海道放送のホームページより)
(21時の天気図は23時30分ころにならないと発表されないので、今は18時しか掲載できません)
抜けた数日後に一旦戻ってきた?停滞前線から離れて快晴の東京 SPAS
上記12時の天気図と、明らかに違いますよね?
東の低気圧の影響が、明らかに少ない状態(関東の南東部において)。

まだ発表されていない21時の天気図では、もっと明確に違うはずです。



さぁ、この天気図を見たあなた。

明日は、明後日は。

ご自身の場所の天気、ど~なる印象ですかな???

桜(東京都文京区、窪町東公園) 

今日のブログは、さっき書いたばかりの父親との関係、が中心。
(さっきのブログもお読みくださると、嬉しいっす)



だけど、これも。

桜は今だけだから、ね。
(買ってもらったばかりのデジカメは充電まだだから、au京セラのケータイで撮影)



実は去年の春、桜が咲く少し前の3月、
父親だけでなく、母親も東京に。

その時、恥ずかしながら、下記の全てを通って、見て、
僕の家(部屋)に招待したのでした~

いくつになっても、親と、子



茗荷谷(みょうがだに)駅(地下鉄丸の内線)を降りて、徒歩2分。
窪町東公園、桜 100328_1705~01

急な下り坂です(俺の撮影が、ヘタ・・・)
窪町東公園、桜 100328_1707~01

大好きなんです、この公園。

全く目立たない、公園。
多くの人は、2枚目の写真に写っている右側の道路を歩いています。

が、この急な坂に無理矢理作っている、
「窪町東公園(くぼまちひがしこうえん)」

山手線の内側なのに、ちょっと山登りの気分にさせてくれるのです!



この公園を下り切った左に、
筑波大学の「教育の森?」
という、自然あふれる空間があります。
(日中のみだけど、出入り自由)

(二週間ほど前に書いた、掲載した)
ほんとうに巨大なイチョウの大木、めちゃめちゃ老木です。
大人が3人で腕を伸ばして届くかどうかぐらいの太さですよ!
(撮影は数週間前)
moblog_70015c19.jpg

上の木を遠方から撮影。デカイ。
(同じく数週間前に撮影)
moblog_c710b388.jpg

この教育の森?の中の沼(きたない)のほとり。
強風のため、木が全て同じ方向に傾いている!(風の力!)
(これも数週間前に撮影)
筑波大学の木、風のちから 100313_1308~01

山手線の内側に、こんな空間が。
これを残し、ある程度は作り、守っている、人の意思!

本当に大好きな空間です。

親と子 

昨日書いた通り、今日、父親が東京に来て、会いました。

日帰りかと思っていたら、学生時代?の仲間と会うとのことで、俺とは夕方まで。
(明日、東京のお客さん3件と会って、明日帰るとのこと。だから仲間と会うことに決めたそうだ)



お互い遠慮しているような。
まったく遠慮していないような。

親と子、父親と俺。

独特の空気で。

きっと、これでいいと。
俺はそう思っています。



昨日書いた通り、迷惑かけてばかりの俺だけど、
ずうずうしくも、コンパクトデジカメを買ってもらいました。

これもこれでいいと、
この方がいいと。
俺は勝手に思っています。



進むよ、俺。

このデジカメ、絶対に活かすよ。







デジカメを決めるにあたり、貴重なご意見、ありがとうございました!

ソニーのコンパクトデジカメ。
「DSC-HX5V」
に決めました!

DSC-HX5V 100328_2109~01
(この写真は、いつも撮っている昔からのau京セラのケータイで撮影)

・雲を、夜の雲も撮りたい
・雲を、動画も撮りたい
・雲を大きく、なるべく光学ズームが大きい方がいい
というあたりを意識していた、俺

リコーとソニーとで最終決断、でしたが、
意外とすんなり、
「うん、これだ」
と思うことができました。

形も、カメラっぽくて、カッコイイと思う!

こういう感覚で選ぶことができた物って、長い目でみても納得していることが多いです。
うん、よかったと思う!



ビックカメラの新宿東口の店で買いました。
上記の俺が求める内容を、まっさらな状態で店員に話したら、
コンパクトデジカメは止めた方がいいと思う、と。
なんていい奴なんだ!

だけど可能性の高いカメラを、と、このブログでアドバイスいただいた内容を店員に話したりしたら、

暗い場所では、(リコーよりも)ソニーや富士フィルムが強い、と。
ソニーのTX5やTX7という機種だと、「露出時間を長く」することができない、と。

で、上記
・ソニーの「HX5V」がいいと思う、と。

マニュアルモードで、露出時間などを自由に調整が可能(これがあると、大好きな滝をシャッター速度を変えて様々撮ることもできる)。
光学ズームも10倍。
録画もいい。
パノラマ撮影(横長に撮影できる。これ、後日ブログ等で空のいい写真を掲載できると思います)もできる。
と。

うん、俺の希望に、合致!!!

これ以上あれこれ悩んでも仕方がない。
父親が来ている今、うん、買ってもらうに値する!

そう感じることができたのです。



まだ充電していないし、データを保存するカードを買わなかったから一枚も撮っていない、今。

焦らず、しっかりと使っていこうと思っています。





小型パソコンを持ち歩く感覚で、という、ケータイ電話の検討。

こちらは、とにかく実機を触っていくしかない。

昨日書いた、イーモバイルやウィルコム。
そして今日、父親と別れた後、auのスマートフォンを、と。
それぞれ実機を店に置いておらず、
有楽町のビックカメラや、原宿のauの展示場?に行く必要アリ。

でも、進んでます。

絶対に、納得いくまで。



進むよ、俺

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。