スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(一周してくる全ての中で) 太陽に一番近い瞬間 

Gregorian Carendar 2017/1/4 ( Wed ) ,
日本時間の夜、の今です。



日本時間で
23:18 ,
(一周してくる全ての中で) 太陽に一番近い瞬間
だそうです。

アレコレと しっくり暦を 構想し
ここが一番 開始しっくり?



二つ前の blog に書いた、
Twitter さんとの二重構想。

ここで初めて、
Twitter さんに投稿するかもです。

初めてなのに、
時間ピッタリ投稿できるかな?



岩淵猛

スポンサーサイト

冬至(夏至)の瞬間です 

Gregorian Calendar 2016/12/21 ( Wed ) 19:44(日本時間)
の投稿です。

またまた無事に至ってくれました、冬至(夏至)の瞬間です!

僕の研究分析、組み立てなども、本当に順調です。

岩淵猛

Twitter さんとの二重構想中デス 

Gregorian Calendar 2016/11/26 ( Sat ) 夕方(日本時間)
の投稿です。



本番発表まではほぼ何も公開しないで、
と構想し続けてきてここまで過ごしてきた僕ですが、

逆にドンドン公開していくカタチもアリかな?
と。



Twitter さん

いま現時点の地球で最も拡散性が高いかな?
と分析。

初めて登録しました。
(まだ何もしていませんが)



登録後の気づきで、
「この FC2 blog さんと二重で活用」
というテはしっくりかも?
とも。



さぁて、どうしていくことやらっ

(北半球側の)秋分(の瞬間) 

この時の投稿ばかりだなぁ



いま、北半球側の秋分の瞬間です。

やっぱ僕には、
これら以外の暦の区切りは感じられないですわ。

グレゴリオ歴でいうと日本時間の2016/9/22(木)23:21。
なんで今の暦の設定、
こんな中途半端な暦の設定やねん。





わたくしごとで申し上げますと、
京都に入って間もなく太陽の周りを半周です。

春分の少し後から京都に入りましたので。





この夏至や遠日点のあたり以降は、
「紙、インク、筆」
をしっくりさせたく注力し続けてきていました。

ここがしっくりに至れていないと、
原稿が書けない!



ホントたまたまなのですが、
区切りの秋分の直前に、
初めて、しっくりかも、の仕様を実行し始めることが出来た、
そんな今の時点です。

実際に試し始めている最中の今です。

この後どう感じていきますことやら。



いやぁ、粘りに粘った。
相変わらずの僕です。



って言いますか、
恐らく
自分自身が心の底からしっくりくるためには、
まだしっくり感じられていない自分の現状にウソをつかずに、
自分がしっくり感じるまで、自分が粘る以外の方法は
この宇宙に存在していない(はず)です。





紙、インク、筆。
これらがしっくりに至れた感覚の中、
ようやく本番の思考に入っていくこれから。

ここまでは全く休みなく続けてきた京都に入ってからの僕でした。

ここからは逆に、
ある程度、
時々自分を 抜きながら
脳みその気づきの可能性を広げながら

こんな時間の組み立てと共に実行していく方が効果が高いかも?

なんてことも視野に入れています。



秋分の瞬間です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。